ポケットが虹でいっぱい

交響詩篇エウレカセブンの劇場版が気になって気になって仕方がなくて、n先輩を誘って見に行ってきた。

「全然違う」ってのは前評判で知っていたけど、本当に全然違った。
最早キャラクターが同じだけで、ストーリーに面影はない。
かと言ってこんなのエウレカじゃない、と言うわけでもなく、これは間違いなくエウレカだ、と言う映画全体の雰囲気。

おされなキャラクター、良質なBGM、アホかと言うほどサーカスする戦闘シーン。
そして何より、観ているこっちが恥ずかしくなるくらい純情ド直球なレントンとエウレカの関係。

全然違う話なのに、エウレカセブンはやっぱこれだよなってテイストが詰め込まれてて嬉しくなった。

テレビ版はレントンがエウレカを受け入れて救う話しだったけど、劇場版はエウレカを救ったレントンを今度はエウレカが救おうとする話で、心情的にはテレビ版からも続いてるものがあって、そこが一番よかった。

ただ、これだけは言いたい。
2時間ないのに設定を詰め込みすぎ!テレビ版の設定を忘れるのに必死だった 笑
そしてラストの展開がよく分からなかった。残念ながら。

パッケージ版が出たらもう一回細かいところ観てみたいなと。
きっと伏線がいっぱいあるんだろーなー。

ホランドが見たネバーランドの光景があれだったとすると
この話しはテレビ版最終話以降のレントンとエウレカが見ている夢なのかなぁとかまぁ色々考えられて楽しいわー。

ポケットが虹でいっぱい」への3件のフィードバック

  1. nas

    もう一度見に行ったんですけど、大分印象が変わりますね
    TV版を見る前に一度見て、TV版を見てからもう一度見にいくと楽しいです
    TV版もそうだったんですけど、後半説明される設定を使って前半の台詞が作られたりしてるから1度目はよくわからないところが多いんですよね
    ただ最後の「夢」の話は3回見てもよくわからんです
    今、小説版を読んでるんですけど補足というか劇中で分からなかった部分が説明されていたりしてなかなか面白いですよ
    これで最後の方の意味もわかったらいいなぁ
    一番不思議なのはアレの一番近くに生身で居た人が無事だった事なんですけど

  2. y 投稿作成者

    あの人はイマージュにっていうか隣のあの人に守られたんじゃないのかな。
    書かないかんし。

    最後のシーンはね、さっきやっと腑に落ちた。

    でも夢はよく分かんない。
    夢を見ることを選んだのが多分最後に繋がるんだろうな。もうコメント書いてる自分もよく分かんないけど 笑

    BD版早く出ないかな~

  3. nas

    小説版を読み終わったんですけど、良いですよアレ
    夢関係の話もわかったような気になれます
    あと先生が雪月花にこだわってた説明が意外というかかなり本編に絡んでて面白かったり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA