献身。

大切な人を守りたい強い想いはたしかに届いた。
自分が思い描いた形ではなかったけれど・・。

キャラメルボックスの舞台版「容疑者Xの献身」を観てきました。
そんなに沢山キャラメルの舞台を観てるわけじゃないけど、ぱっと見はいつもと違う感じ。
でも確かにキャラメルボックスの舞台としてやる意味のあるテーマだったなと思いました。

人として、こうありたい、こうあって欲しいと言うことを突き詰めたラスト。
「だからキャラメルボックスでやるんです。」
なるほど~。

石神の中に渦巻く感情がずーんと入ってきて、僕は2回ほど泣いていました。

ほんとね、東野さんは倫理と感情の狭間みたいな物語を書くと上手いなぁと思います。
原作読んでないんだけども。

もちろん西川さんも岡田さんも、みんなよかったんです。当たり前です。

と言うわけで、明日はいよいよ・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA